自社施工のメリット

知ってほしい、業界のこと

リフォームをお考えの方の多くは、理想の家づくり、高いクオリティをなるべく低価格で実現したいとお考えではないでしょうか。
その際、次のことを知っていただければと思います。
リフォーム店といっても会社の事業や形態によって意外と特徴がバラバラなのです。

職人がいないリフォーム店の場合

マージン

リフォーム店なら職人がいるとお考えかもしれませんが、営業と管理しかしない会社や、デザインを行う会社には施工する職人が一切いないこともしばしばあります。
その場合、施工は外注することになるので外注費が上乗せされ、お客様の要望などがあるときも実際施工する職人・会社に届くまでに時間がかかってしまいます。

直接施工の場合

直接施行

自社に職人がいる直接施工の場合、マージンもないのでその分をお客様に還元できます。
また、施工中にお客様から希望があった場合に工事内容を変更したり、追加で工事を行うことも柔軟に対応できます。
自社施工でない場合、現場でお客様から要望があっても契約上追加工事をその場で受けられないことがあるので、融通が効かないケースもあります。

それなら常に自社施工のほうがいいの?

構造上は自社施工のほうが安く済ませられるはずですが、施工のアフターサポートや価格の決定は元請けとなる会社が行うので、元請けの会社が大きい会社だったり、信頼できる会社の場合はクオリティが担保されます。
よくしらない会社に依頼するよりも、CMを出していたりモデルルームがしっかりしている会社に依頼するほうが安心感はあるでしょう。

また、リフォームの際に増改築を伴う大型のリフォームだったり、間取りなどのデザインも依頼する場合は建築士事務所に依頼することになるでしょう。

まとめ

壁、床、トイレ、洗面台、キッチン、洗面台などの一般的なリフォームで費用を抑えたい場合、なるべく自社施工ができる会社に頼むのがおすすめです。
一方で、デザインが必要だったり、モデルルームでリフォームを決めたい、大手の信頼を得たい場合はそれぞれ最適な会社・建築士事務所に相談するのがいいでしょう。

見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください TEL 022-719-8422 受付時間 9:00 - 18:00 土・日・祝日除く

PAGETOP
Copyright © 株式会社コージーライフ All Rights Reserved.